〜 有限会社 朝日印刷の上原社長が出演したラジオ番組「元気です。中小企業家同友会」はこちら 〜
有限会社 朝日印刷 会社案内 サービス案内 お問い合わせ 資料請求

■トップページ > ●元気です。中小企業家同友会(有限会社朝日印刷)


『元気です!中小企業家同友会!』 RBCiラジオ(月〜金:14:50〜15:00)  

【第四回目の放送:5月16日(木)】

伊良皆善子:こんにちは。お元気ですか?伊良皆善子です。「元気です!中小企業家同友会!」本日のゲストは朝日印刷の社長、上原初枝さんにお越し頂きました。上原さん、こんにちは。

上原初枝:こんにちは。

伊良皆善子:今日も朝日印刷が作っている島かたろぐをお持ち頂きました。この島かたろぐには「うちなーむんギフト&ノベルティ」と書かれていますね。周年企業祭などではノベルティを差し上げますよね。
前回、放送したら反響もあったとか・・?

上原初枝:はい。実は新聞社から島かたろぐを記事にしたいとお話もあったんです。早速掲載商品の注文もあり、社員一同とても喜んでおります。人と企業とを繋げたいという思いでこのカタログを作ったので、とても嬉しく思います。

伊良皆善子:実際のお客様からの反応もあったようですね。

上原初枝:はい。会社のユニフォームを作りたいとのことで、お問い合わせもありました。

伊良皆善子:このカタログではユニフォームを作れましたよね。26ページですね。「イベント用のスタッフTシャツをお手頃価格でご提供」とありますね。

上原初枝:サイズもSから5Lの大きなサイズまで作れるということで御提案しました。人と企業を繋げることができたと思っています。

伊良皆善子:新聞社さんの取材では、6ページのシーサーの顔の一輪挿しが紹介されたようですね。

上原初枝:はい。この一輪挿しは障害者の方々が作っている作品です。この一輪挿しに花を生けたり、シーサーの面なので玄関に魔除けとして置いてもいいと思います。

伊良皆善子:これは300円なんですか?

上原初枝:一応注文ロット数があって、これは10個からというように載せています。

伊良皆善子:この島かたろぐが34ページありますけれど、150円からありますね。ステッカーですか?かわいいシーサーだったり、エイサーやめんそーれという衣装を着たステッカーなんですね。

上原初枝:そうです。こちらは注文ロット数が30個から頂きたいですね。

伊良皆善子:また、島マース入りの紅型ストラップのお守りが6ページにありますね。石敢當ストラップですか?

上原初枝:はい。持っていらっしゃるとお守りになりますので、皆さん1個持っているといいと思います。

伊良皆善子:またこれもストラップですね。ゴーヤーのストラップとサーターアンダギーもありますね。

上原初枝:たくさん種類がありまして、豚肉や沖縄そばなどいろんなストラップがあります。

伊良皆善子:ボールペンもありますね。コースターもありますね。これは花織のコースターですね。

上原初枝:これはですね、小さなサイズですとコップを載せられますが、2倍のサイズですと茶菓子とお茶などお客様に出す時にいいですよ。

伊良皆善子:これはすべて沖縄で作られたものなのですね。ギフトとかノベルティとして使って頂きたいということですね。この島かたろぐはどちらでもらえますか?

上原初枝:朝日印刷が県庁の後ろにありますので、そちらに来て頂ければ差し上げます。

伊良皆善子:5月のキャンペーンということで、うちわのキャンペーンも載っていますね。島かたろぐの後ろに載っていますので、ご覧ください。

上原初枝:はい。よろしくお願いいたします。

伊良皆善子:上原さん今日はありがとうございました。

上原初枝:ありがとうございました。

『元気です!中小企業家同友会!』 RBCiラジオ(月〜金:14:50〜15:00)

【第二回目の放送:4月18日(木)】

伊良皆善子:こんにちは。お元気ですか?伊良皆善子です。「元気です!中小企業家同友会!」今日のお客様です。朝日印刷の社長、上原初枝をお迎えしております。上原さんこんにちは。

上原初枝:こんにちは。

伊良皆善子:さて、朝日印刷さんは今月からこの番組をご一緒して頂いているのですけれども、早速すごいことをやっているなと私思うんですけれども。今日ですか?

上原初枝:今日なんです。

伊良皆善子:『島かたろぐ』というものが、創刊号が出来ました。

上原初枝:はい。ホヤホヤです。

伊良皆善子:ホヤホヤのかたろぐをお持ちくださいましたけれども。この『島かたろぐ』が出来るまでの経緯(いきさつ)をちょっとご紹介くださいますか?

上原初枝:はい。まずですね、朝日印刷が来年創業60周年を迎える節目と致しまして、「人と企業をつなぎたい」と思ったのが創刊号を発刊した理由ですね。

伊良皆善子:ええ。

上原初枝:年末にですね、社内公募で新規事業の提案を募集しました。

伊良皆善子:これはじゃあ、社長さんだけじゃなくて、経営陣じゃなくて、社員さんと新規事業をやりましょうよ、と提案をしたんですね。そして募集をしたと?

上原初枝:そういうことです。沖縄の商品だけを集めたカタログを作ろうという新しいプロジェクトが始まりました。

伊良皆善子:はい。ずいぶん、今見ますとですね、たくさんの商品が紹介されているんですけれども、何点ぐらい?

上原初枝:約4ヶ月かけまして、100の商品を集めました。

伊良皆善子:100点?

上原初枝:そうです。

伊良皆善子:すごいですね。

上原初枝:南部から、あと中部までですね。訪問しまして、そういう商品がないですか?ということで、声かけをしました。あと、チラシとかでも申し込みもありました。

伊良皆善子:なるほどね。「人と企業とをつなげたい」という想いからこのプロジェクトを立ち上げて、この『島かたろぐ』という創刊号が出来たわけですけども。でも4ヶ月で100点の商品を集めるってすごいなぁ。朝日印刷さんすごい機動力発揮しましたね。

上原初枝:そうですね。県内で製造・生産できるものだけを集めることになりましたので、「うちなーむんオリジナル」という形でのカタログにしました。

伊良皆善子:その辺が今回のこだわりなんですね。

上原初枝:そうなんです。「うちなーむん」というのにこだわっています。

伊良皆善子:沖縄で製造、そして生産されたものだけを集めた、その辺のこだわりを集めたものが素敵なんですけれども。

上原初枝:そうですね。はい。

伊良皆善子:こうやって、営業マンの方々が色んな所、経営者・生産者を訪ねて行かれたわけですよね。そういう時に色んな声があがったと思うんです。

上原初枝:ええ。100の商品を集めるにあたりまして、当社の営業マンが様々な経営者や生産者に出会いました。その中で聞こえて来たのがですね、「自分たちの商品をHPで販売しているけれども、他の販売促進ツールも探していました」とか。あと、「自分たちの商品がどのくらい売れるのか知りたい」という声が多かったです。

伊良皆善子:なるほどね。今色んなツールでね、商品を販売するということで生産者が努力してらっしゃるんですよね。そこにこういう企画が飛び込んできた。

上原初枝:『島かたろぐ』が生まれました。

伊良皆善子:生産者は喜んだでしょうね。

上原初枝:そうですね。社員も一同とても喜んでいます。このカタログを皆さんに早くお見せしたいですね。

伊良皆善子:このカタログをどんな風に使って欲しいと?

上原初枝:沖縄での各種イベントがございますね。多いですよね、イベント。その時の景品とか、企業の創業○周年とかありますよね、その時の粗品などに是非沖縄の商品を使って欲しいという思いがあります。

伊良皆善子:これはいいですね。やっぱり今はね、本当に色んな商品がね、沖縄から出て行ったり、沖縄に入ってきたりとありますけれども。こだわりとしてはやっぱり沖縄で出来たものをですね、使って欲しいというそういう思いがここに凝縮されて出ている感じなんですけれども。イベントの景品とかあと、企業の創業○周年の粗品としてお使い頂きたいということですが、料金としては大体いくらぐらいからいくらぐらいが入っているのですか?

上原初枝:200円台もありますし、1000円以上のものもありますし、用途によりまして、粗品でしたら500円から1000円以内が。また、結婚式とかの引き出物とかでしたら1500円とか2000円とか、色々入っていますね。

伊良皆善子:ここに、29ページに「今月の掘り出し物」というのをちょっと見つけました。開いていいですか?

上原初枝:どうぞ。

伊良皆善子:開いてみましょうね。何が出ているんでしょうか。こちらですね。今月号の掘り出し物、こういうページもいいですね。

上原初枝:そうですね。

伊良皆善子:ちょっとご紹介しましょうかね。ミンサーデザインのこれはストラップですね。はい。

上原初枝:かわいくて。

伊良皆善子:そうですね。それからこれはガラス?

上原初枝:ペットボトル。

伊良皆善子:ペットボトルですか?というようなものまでたくさん200円台から1000円台まで気軽にお使い頂けるということなんですけれどもね。

上原初枝:はい。

伊良皆善子:どうも、社員が応募してきた時に、社長がポケットマネーを出して賞金として出されたと?

上原初枝:そうですね。このタイトルを募集したときにですね、社員はもちろん家族のかた、その方たち、娘さんや奥さんからも応募して頂きました。

伊良皆善子:社員の結集した『島かたろぐ』となっていますけれども。さて、今ラジオを聴いてらっしゃる皆様にですね、創刊号を50冊プレゼントしたいと思いますので、朝日印刷までご連絡ください。電話番号を申し上げましょう。お急ぎで。832−3682。832−3682番へお電話下さい。どうも今日はありがとうございました。

上原初枝:ありがとうございました。

伊良皆善子:朝日印刷の社長、上原初枝さんでした。お相手は伊良皆善子でした。
『元気です!中小企業家同友会!』 RBCiラジオ(月〜金:14:50〜15:00)

【第一回目の放送:4月4日(木)】

伊良皆善子:こんにちは。お元気ですか?伊良皆善子です。「元気です!中小企業家同友会!」今日のお客様です。この番組初登場ですね。ご紹介致しましょう。朝日印刷の社長で上原初枝さんです。上原さんこんにちは。

上原初枝:こんにちは。

伊良皆善子:いつもは中小企業家同友会の女性経営者部会の碧いの会でご一緒なんですけど、すごく活発に活動していらっしゃいますものね、上原さん。

上原初枝:そんなことないんですけれど。

伊良皆善子:そんなことあります。どうぞこれからまた番組をご一緒くださいね。宜しくお願い致します。

上原初枝:宜しくお願い致します。

伊良皆善子:炊き出しの季節といういい季節にご一緒できて、本当に嬉しいのですけれども、朝日印刷さんのキャッチフレーズが『デザインの実績が光る朝日印刷』とご紹介しているのですが、やっぱり色んなデザインの実績があるんですよね?

上原初枝:そうですね。はい。実は3年前ですね、沖縄の産業まつりのポスターを最初に初めて応募したんですけれども、その時に最優秀賞を頂きました。翌年は優秀賞を頂きまして、うちのデザイナーがまた去年ですね、去年も最優秀賞を頂きまして、デザインの先生方からお褒めの言葉を頂いております。

伊良皆善子:社長の上原さんがね、そういう優秀な社員さんもね、是非紹介したいの。ということでこの番組に出てくださるキッカケになったんですが、朝日印刷さんの創業を振り返ってみたいのですが、県内では老舗といってもいいんじゃないでしょうか。

上原初枝:そうですね。創業59年ですので、来年が創業60周年を迎えます。

伊良皆善子:そうですよね。復帰前からされているということで、創業者は?

上原初枝:父で、今現在会長の長嶺将慎(ながみねしょうしん)です。

伊良皆善子:お父様

上原初枝:今現在89歳で、元気です。

伊良皆善子:会社にも?

上原初枝:時々ですね。腰を痛めていますので、こちらから来るように言った時だけ、忘年会とか新年会とかそういう時だけ参加してもらっていますね。

伊良皆善子:それだけ、社長である娘さんが一生懸命やってらっしゃるから、お父様も安心して。

上原初枝:でも、最近よく言われるんですね。「営業頑張ってくれ」と。父はいつも言っています。

伊良皆善子:でも、初枝さんもすごい営業マンだって同友会の仲間内では評判ですよ。

上原初枝:そんなことないと思います。

伊良皆善子:とにかく、一生懸命やっているという・・

上原初枝:私の性格で、一生懸命やるのがモットーですので、いつか皆さんが私のことを見て分かってくれたらいいなと思って、今一生懸命やっています。

伊良皆善子:もう同友会で目立っていますから。同友会以外でも目立っていると思いますよ。

上原初枝:そんなこともないですけれども。

伊良皆善子:とにかく、役員を与えられて、とにかく一生懸命やっているという姿が。

上原初枝:そうですね。与えられた仕事はちゃんとしなきゃ気が済まない性格なので、一生懸命やってちょっと振り返ると何か疲れが溜まっていたりして、会社の方に迷惑をかけたりしています。

伊良皆善子:でもそれが社長の仕事かもしれませんね。

上原初枝:そうですかね。はい。

伊良皆善子:いろんな会に入ってらっしゃるでしょ?

上原初枝:はい。中小企業家同友会はもちろん、商工会議所女性会、那覇法人会、その3箇所には所属しております。

伊良皆善子:もう、初枝さんが社長になって何年?

上原初枝:8年近くなりますかね。皆さん碧いの会のメンバーが押してくださりまして、私は社長の器ではないと思っていたのですが、皆さんお友達の方が「やってみたら?」という一声で、ホント押して頂いたんです。それで、うっっと思ったのですが、やりたくなっちゃったんですね。

伊良皆善子:でも、社長になって、社長業というのは初?初めてだったんでしょ?

上原初枝:そうですね。

伊良皆善子:やっぱり不安があったりしますよね。

上原初枝:そう。色々悩みましたし、色んなことでぶつかりましたので、自分には向いていないんじゃないかとか、もう本当に挫折することが多かったですね。それを支えてくれたのが、碧いの会のメンバーであったり、商工会議所のメンバーであったり、そういうことで私は今現在があります。

伊良皆善子:そうですね。そういう色んな会合に参加して、社長業も学びながらご自分のネットワークも構築、どんどん広げていって、ということですね。

上原初枝:はい。

伊良皆善子:ほら、もう時間になってしまいましたよ。

上原初枝:そうなんですか。

伊良皆善子:早いでしょ?

上原初枝:早いですね。

伊良皆善子:緊張してる、緊張してるっておっしゃいましたけれども、また次回創業の話もですね、聞きたいと思います。今日はどうもありがとうございました。

上原初枝:こちらこそありがとうございました。